昨日(月曜日)の午前中、静岡県浜松市のご夫婦(60歳代)がお越しになりました

今回は奥様のブーツ購入が目的でした

(旦那様はすでに4~5年前にお越しいただきました)


ちなみに

志賀高原 奥志賀高原の某スキースクールの常連さんです

昨シーズンはなんとお二人でイタリアまで滑りに行ったとのこと・・・・ 

(いいですね!)

リタイアされて、ますます大好きなスキーを楽しんでいるご様子でした!!


(いろいろ話をしていると)


奥様「このボードは何ですか」

私「はい、歪んだ骨格を短時間で矯正する健康器具です!」


奥様「乗ってもいいですか?」

私「はい、では乗り方をお教えします!」


と言うことで体験していただきました


旦那様曰く

「週に数回スポーツジムに通い、ヨガ体操をしています」

「骨盤運動もしていますよ」とのこと


確かに、お二人とも骨盤の動きはスムースでした

しかし、鏡を見ながらボードに乗っていると

お二人とも左右均等に骨盤が動かないことに気づきました


奥様「あれ~ 右の骨盤が上がるときに右肩が下がり右腰上部に違和感を感じる・・・」


私「はい、それは右側の骨盤が歪んでいるからです」


旦那さんは腰痛持ち

「左側の骨盤が後ろに引けてしまう・・・・いたた!」


私「骨盤が引けてしまうのは、歪みがある証拠です。痛みを回避するために無意識のうちに骨盤を引いて

 しまうのです」


お二人とも相当感動されていました!

「もちろんお買い上げです」



骨盤の歪みにより

*骨格(背骨)も歪みます 

*どちらかの肩が下がります

*首も曲がります


スキーは左右対称の動きが必要です

上記の状態では・・・・ 

楽しいスキーができないどころか、膝や腰に痛みを伴うこともあります

疲労も伴うので、長時間滑ることができなくなります


「インソールを入れれば解決!」

歪みの程度にもよりますが、ある程度は解消されますが・・・・

(このテーマについては次回)



次にその日の午後、東京から男性(基礎スキーヤー)がお越しになりました


なんと、高速バスで長野まで

長野から山ノ内町まで長野電鉄に乗り湯田中駅下車

そこから徒歩10分ほどでハンドエス着!

「まじ お疲れ様でした・・・」



この方もブーツチョイスのためご来店です


テク取得・準指導員の資格ありとのこと

(骨格をチェックし)

ブーツはあの黒いブーツに決定!

インソールの足型を取りたいのですが・・・・

私「骨格の歪みがひどいですね」


右腰引け 右肩下がり 右重心 

この状態でバランスを取るので、首(頸椎)が大きく左側に傾いていました


また

長時間の歩行や立ちっぱなしだと、腰が痛くなるとのこと

またスポーツジムに通っていますが、ここ最近腰に不安があり休んでいるとのこと

今の骨格でジムに通うのは・・・ 逆に身体にマイナス効果になってしまいます


次に

昨シーズンのビデオを見せていただきました


左ターンでは、右腰が引けているのでターン始動期、膝を倒せず上体を振りこんでしまう

右ターンは、内足(右足)に重心が乗ってしまい、左外足がシェーレンになりやすい


骨格通りの滑りをしていました・・・・

ご本人に説明すると、本人も納得のご様子でした

と言うことで、今回の足形取りは延期!


これから毎日骨格矯正ボードに乗り、

O脚矯正運動と身体リセット運動もしていただき、9月末に再度お越しいただくことになりました


どうせブーツチューンするなら歪んだ骨格でチューンするよりも改善された骨格でチューンしたほうがど

れだけご自分に合った最高のブーツが作れるか・・・・


こちらも応援よろしく!
https://snow.blogmura.com/