ブーツチューンナップ工房「ハンドエス」のブログです!

志賀高原の麓にある、小さな小さなブーツチューンナップ工房「ハンドエス」オーナーのブログにようこそ! スキーブーツやスキー業界の知られざる情報をUPしていきますので、どうぞご期待くださいませ。

2009年08月

サロモン LAB選手用ブーツの特別価格について

いつもいつも このブログご覧の皆様に 感謝の気持ちをこめて サロモン選手用ブーツをこの価格で

ご提供いたします!!

興味のある方は こちら ↓ をご覧くださいませ



本日の山の内町は 朝から雨降りです

ここ数日 朝晩の冷え込みが・・・ 相当 肌寒くなってきました

秋の訪れを感じさせてくれます!!


そう言えば もうすぐ9月です

10月末には 国内のスキー場でも滑れるようになりますね

いよいよ スノーシーズンモードのスイッチを「ON!!」しましょう


11月に入れば 志賀高原も一部滑れるようにないます

今年も 志賀・八方・野沢のプレミアムパスを買おうかな・・・・・・・・


イメージ 1

浜名湖でアサリ獲り!PART2

静岡県の旅行2日目

本日の目玉は「浜名湖でアサリ獲り!」です

ただし お金を払い=有料ポイント で アサリ獲りをするのではなく

自然な場所=無料ポイントで 獲るとのこと

(地元の人にしかわからない場所に 案内してくれるのだ!!)

「ラッキー!自然は大好きです!!」


浜名湖 本日の干潮は午後2時

それまで かの有名な「うなぎパイ」の工場を 3人で 見学することにしました

うなぎパイの工場見学は無料で お土産つき

(お土産は うなぎパイ1個+うなぎパイストラップ)


作る工程を見ての感想は

生地を作り、棒で伸ばす ここまではすべて手作り! これには驚いた

その後は 機械の上で焼き上げ パッケージまで すべてオートメーションでした


直営店で 初めて目にした「VSOPうなぎパイ」をお買い上げ!

(このうなぎパイ 中にブランディーが入っているそうだ)



それにしても 人が多い・・・・

(観光バスも数台停まっていましたが イチバンは家族連れが多かったです)

館内の「喫茶コーナー」では 人人人 席に案内されるまで15分ほど待たされました

すごい人気なのですね!

うなぎパイを使った スイーツがお目当てのようです

イメージ 1


ちなみに私たち3人は アイスコーヒーを頼みました


「そろそろ E間ちゃんが来るころですね」

「そうだな」

アサリ獲りのプロ E間さんご夫妻とここで合流しました


午後 浜名湖に向けてGO!!

桟敷(?)さじきと言うそうですが(長野では海の家と呼びます)まず「桟敷」を見つけ 車を停めます

着替え シャワーつきで お一人800円


着替えてさっそく湖の中に入ります

(軍手・アサリを入れる網を持参)


イメージ 2


「うわ~ すご」 ウインドサーフィンのボードが湖の上を占領しています

その中で獲るとのこと・・・ ぶつけられないのか やや不安が・・・・・


E間さんご夫婦とT橋さんは 慣れた様子で 沖に歩を進めます

(ここのポイントは 遠浅で 深いところでも膝上程度でした)


私も ここ浜名湖は 淡水ではなく 海水と聞いていましたが

舐めてみて(身をもって)「マジで 海だ!」「ばんざ~い!!」  いい経験をしました


さて アサリ獲りですが

テレビで見ると 砂場または浅瀬で 熊手のような引っ掻きを使って 砂を ほじほじして

アサリを見つけていました 「なんだ 簡単 簡単」


が、ここでは 水深50cmぐらいの湖底を手でまさぐるようにしてアサリを見つけるのです

首だけが湖の上・・・・ 波が来ると 頭にかかり「ゲホ~」「飲んでしもうた・・・」


アサリ アカ貝 が獲れました 

大きな貝の中には ヤドカリ君が・・・・ ここにも あそこにも

私は1時間30分ほど格闘しましたが 寒さのため ギブアップ

桟敷に戻り温水シャワーで暖まりました

収穫は アサリ20個ほど「やった~」「とったど~」

初めてにしては まずまずでした


T橋さんもそれから30分ほどして戻ってきました 

さすが地元 40~50個の収穫でした

しかし

強風のため 体の温度が下がり 他のお客さんも みな「寒い 寒い・・・」と言っていました


E間さん 夫婦は 3時間ほど入っていただろうか・・・・

なかなか陸に上がってこない

イメージ 3



さすが(年齢)30台「寒くないのだろうね」

ちなみに
私40台(来年50ですが)
T屋さん 60台
T橋さん 70台

けど T屋さん T橋さん 年齢のわりには若い!!と思いますね

冬はスキーでゲレンデをかっとび 夏は登山で関節を柔軟にし 自転車(ロード)で筋力トレーニングで

すから 驚かされます

(お二人の自転車はウン十万円とのこと 私なら250ccのバイクを買うが・・・・) 


しばらくして ご夫婦が!!

網を重そうにして歩いてきた

「すごい~!!」

だんなさんは100個以上 奥様も同じくらいか 

思わず この夫婦は「あまさんと漁師だ!!」とつぶやいてしまった

イメージ 4


イメージ 5



夕食は もちろんBBQです!(T橋さんのお庭で)

獲れたてのアサリを鉄板で焼いていただきました(他に ほっけ ずわいがに etc)

もちろん「うま~い!!」「もう一個!!」「もっと焼け~」

楽しく おいしく わいわい と いただきました



翌日は アサリの味噌汁をいただき ご飯も2杯おかわりしました 

この3日間 カロリーオーバーだが・・・ 今回は良しとしよう!!

その分 来週からトレーニングの量を増やして 頑張ればよいのだ



最終日(月)の午前中 3人で焼津魚センターに立ち寄る

月曜日のためか センター内は空いていて お店のおばちゃんの 呼び込みがすごい

おばちゃん「おにーちゃん これ上手いよ」「ここでしか買えないよ」
 
私「なにこれ?」

おばちゃん「これはね*******だよ」

などなど30分ほど見ました 


シラス 黒はんぺん 鰹節 鰹のスモーク焼きなど 

長野では手に入らないものをお土産として買いました!


午前11時30分 ここで お二人とはお別れです

私は

富士IC~上九一色~甲府南IC~信州中野ICで帰宅しました


翌日 E間さんご夫妻より アサリが宅配便で送られてきました

家で 酒蒸し 味噌汁でいただきました

家族みな おいしいと言って喜んでいました

確かにここ長野では 新鮮なアサリを口にすることができませんので・・・・


癖になりそうです

また来年お世話になるかも・・・・・


静岡の皆さん 大変お世話になりました


=THE END=


 











 





































  







































  

浜名湖でアサリ獲り!

先週末 8月22日(土)~24日(月)2泊3日で静岡県に行ってきました!

22日の朝 6時20分出発

信州中野IC~土岐ジャンクション~豊田~浜松IC 所要時間は4時間30分

「中央道下り」は渋滞なしで 豊田ジャンクション(東名高速)までスイスイ順調に移動できました!

が、豊田~岡崎間10km渋滞で 通過するまでに 40分かかりました

(それ以外の渋滞はなし)

浜松ICには 午前11時30分着でした

途中 中央道上りはご覧の通りの渋滞が・・・・ 

イメージ 1


浜松ICまで T屋さんが迎えに来てくれました

スキー仲間のT橋さんとも 市内で合流します


午後12時30分

3人で昼食を食べに行くことに

T橋さん「やまさん 何が食べたいですか」

私「うなぎ!うなぎ!!」

(浜松と言えば もちろん「うなぎ」です!!)


T橋さん「わかりました!では 行きましょう」

T橋さん行きつけの(おすすめの)お店に着くと 順番待ちの人が・・・・


私「人気店ですね」「きっと美味いのでしょうね」 一人で はしゃいでいました


確かに

お店の駐車場には 県外ナンバーの車が目立つ

店内も混みあっている 人気店の条件をクリアしていた


待つこと10分ほどで 席に案内された

さっそく うな重1900円(お吸い物 おしんこう付き)を頼む

「お~安い~!」「長野では2500円コースだ」


肝焼きも1品 私のために頼んでくれた

あと 冷たいビールも・・・・

「いや~ 最高!ですね」「ほんと美味い!」「冷えたビールが体にしみるぞ!」

T橋さん 運転手

T屋さん 病み上がりで禁酒状態

私だけ「プハ~ 美味いですな もう一杯」状態でした


うなぎも 皮を「パリッ」と焼いてある 初めての食感!

(これなら うなぎが嫌いな うちの子供たちも 食べられるかも・・・・・)


イメージ 2


イメージ 3


お腹も満腹になり 次ぎは 御前崎までドライブに!

(食事が終わり 店を出る時には 店内に入りきれない人が 入り口の外まで 並んでいた)



海なし県の私は 海が大好き!!

御前崎の灯台まで行った

(途中 浜岡原子力館を見学した 無料だった 3Dシアターは迫力があり 楽しい 家族連れ多い)


小さな灯台である
イメージ 4


近くの土産屋には 貝の商品が並ぶ「昭和の匂い」がした!!

イメージ 5

イメージ 6


御前崎の座礁した舟が見える このエリアはよく舟が岩場に乗り上げるほど浅瀬とのこと

イメージ 7


イメージ 8


このあと 近くの鮮魚センターにも立ち寄り 観光を楽しみました!!


夕食は T橋さん宅です 

(ちなみに 私とT屋さんの両名 2泊させていただきました)

静岡県から全日本技術選に出場しているO君と 愛知県のAさんご夫妻も同席されて 楽しい会食をする

ことができました

私もついつい飲み過ぎて スキー業界の裏話をしてしまいました・・・・

「反省・・・」

(皆さんは喜んでいましたが)

「いま あの会社は 給料30%カットだ」「え~ そうなの」


翌日は 浜名湖でアサリ獲りです

「生まれて初めての経験!楽しみです」


そのため 今日は 午後11時30分 就寝




次回に続く




 





 

海釣りで大漁!大漁!「ぎょぎょ~」なんだこの魚は??

昨日 新潟県上越市の「ある漁港」まで 何年かぶりに 魚釣りに行ってきました!!

情報では「まめあじ」が釣れるとのこと


カルシウム不足を解消するための手段として 「まめあじ」捕獲作戦の始まりです

提案者は 娘だ 「久しぶりに海に釣りに行きたい」とのこと


8月9日 午前5時30分 山ノ内町出発

信州中野IC~名立谷浜IC~漁港まで 所要時間は1時間ほど

高速は(やはりこの時期です)車の数はすごい
(のろのろ渋滞には ならなかったのでよかったが)

漁港に着いた時には いい場所は すでに満車状態・・・・・

空いている場所は やはり釣れないようだ

いろいろ場所を探して なんとか いいポイントを見つけた

防波堤の下を見ると「まめあじの群れだ!!」ここに決まり

(漁船が泊まっているため この場所には車を横付けできないので 空いていたのだ!!)

駐車した車からちょっと離れた場所なので やや不便だが がまんがまん・・・・

イメージ 1


午前7時 釣りの開始である

天気は曇り たまに 小雨まじり 

気温は 暑くも寒くもない感じで 快適でした


さて 糸をたらしてみるが まめあじが釣れない・・・・・「なぜ~ ?????」

お隣さんのファミリーは釣れている・・・・・

そうだ! 仕掛けの針が大きいのだ

久しぶりなので 小あじ用の針をつけてしまったのだ「ドンマイドンマイ」


変えてからは 入れ食い状態

娘は どんどん釣り上げている!!

イメージ 2



「まめあじ」は娘に任せ 私は チョイ投げをしてみることにした

えさは イソメ

30~40mほど遠投して アタリを待った

数分で コツン と アタリあり・・・

何かが釣れたようだ

ヒラメやカレイの引きとは違い 小物だ

引き上げると かわいい 「めごち」くん でした!

この魚は 体の表面が 相当 ぬめっているのだ 

触った娘は「鼻水のようだ」と 騒いでいました


途中 雨が強くなったり 晴れたり 変な天気でした

午前10時30分を過ぎたころ まめあじの姿も まばらになってきたところで終了!


釣果は 娘 「まめあじ」86匹

私は 「まめあじ」2匹 「めごち」2匹

大漁!大漁!!大漁~だ!!! 


途中

谷浜海岸 ごうづ海岸を通りましたが  茶屋の駐車場は満車で 海は 相当 賑わっていました

「寒くないのかな?」


途中 

上越市で買い物をするため市内に入ると 道路が渋滞・・・・・


そのため 買い物はあきらめ 午後2時 帰宅しました!!


まめあじは さすがに 90匹ほども食べられませんので 知り合いにお土産として差し上げました

イメージ 3


「どうやって食べるの?」

新鮮ですから そのまま油で素揚げにして 塩をつけて「パクリ」いただきます

昨日のまめあじは 確かにおいしくて 骨も気になりません 

酒のつまみに最高でした!!!!


白身で 淡白な味の「めごち」は てんぷらがイチバンですね

こんなグロテスクな姿から想像できないくらい 美味です

イメージ 4


大きさは19cmと23cmほどでした


久しぶりの釣りでした ほんと 楽しい1日でした!!!

富士山 登頂日 決定!女性に人気があるそうだ・・・・

昨日 静岡のT屋さんから電話あり


以前(6月)の竹の子&BBQの時に T屋さんに「富士山に登ったことがない」と言ったら

「いいよ では 夏に行こう!」

私「ぜひ お願いします」「いや~楽しみだ」



そんな宴席の中での話からであった

それが現実となるのだ!!



T屋さん「富士山 登頂 いつにする?」

私「初めてなので すべて お任せいたします!!」

T屋さん「日曜日は高速代1000円なので 23日に 浜松に来て1泊しましょう」

    「スキー仲間のT橋さん宅で泊まって 翌日 3人で富士山に登りましょう!」とのこと


日程は下記の通りに決定!しました

(タイムスケジュール等は 盆明けに決まります)

8月23日 移動日(長野を発ち 浜松市のT橋さん宅で1泊)

  24日 登頂開始 8合目または山頂の山小屋で1泊

  25日 山頂を散策して下山(その夜は またまた T橋さん宅で1泊 反省会!!)

      
      誰もが感動すると言う「御来光」を見ます!

      「パンパン いい人生が送れますように・・・・」

      「パンパン 宝くじ1等当たりますよに・・・・」

      「パンパン 商売繁盛 家内安全 満願成就・・・・」  

      (お願い事が多すぎるかも・・・ けどせっかくですから頼んで見ますが!)

       
  26日 移動日(帰宅)


ちょうど 昨日の朝 テレビで 若い女性達が「富士山」を登る様子を特集していました

なぜ富士山に登るのですか?という質問には

一番多い答えが「達成感」とのこと

(あと「健康のため」とか言っていました)


私も 8月24日に その答えが見つかると思います!!!

「いや~ 楽しみだな」


そうだ!

登山用の靴をそろそろ履き慣らしていかないと・・・・・

3年前に買って ほとんど履いていません

今日から さっそくその靴を履いて 近くの山を登りましょう


私は 何時間で 登頂できるのでしょうか??????

(確か そのテレビ局のアナウンサーは 登りだけで8時間かかったと言っていましたが・・・・・)



イメージ 1











次回に続く
ギャラリー
  • NEWホームページを開設しました!
  • blogを統合しました!
  • 本日、仕事納です!
  • 本日、仕事納です!
  • まもなくブログを統合いたします!
  • 年内で引っ越し完了!
  • 車での移動が一番安全かと・・・
  • 800超えました・・・
  • マウンテンスロープのブーツ!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
メンバーリスト
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ