ブーツチューンナップ工房「ハンドエス」のブログです!

志賀高原の麓にある、小さな小さなブーツチューンナップ工房「ハンドエス」オーナーのブログにようこそ! スキーブーツやスキー業界の知られざる情報をUPしていきますので、どうぞご期待くださいませ。

2010年09月

9月23日崩落そしてその後の状況 (10月17日現在の状況)

山ノ内町 R292号(通称 オリンピック道路)チェーンベース下の崖が崩落しました

9月23日 早朝 1回目の崩落 小規模 表層の土が流れた 長さ20m×幅5mほど
      (消防署に通報)
      
      詳細はこちら → http://blogs.yahoo.co.jp/hands77hands/33113348.html
  
  24日 深夜 2回目の崩落 大規模 えぐられたように土砂が崩れた
      (警察署に通報)
      詳細はこちら → http://blogs.yahoo.co.jp/hands77hands/33118582.html

  25日 現状維持 崖の地下水がまだ止まらない
 
  26日 早朝 3回目の崩落 小規模 幅が広がり始めてきた
      (警察署に通報)

  27日 現状維持 夜雨が降り続いた
      
      詳細はこちら → http://blogs.yahoo.co.jp/hands77hands/33145454.html
  
  28日 現状維持だが崖の土が流れはじめた そのため小さな岩が崩れ 大きな岩が顔を出してきた
      消防隊員が朝現場視察に来た 私は「危険だ」と伝えた
      消防隊員はすぐに役場に連絡するとのこと
      
      詳細はこちら → http://blogs.yahoo.co.jp/hands77hands/33152471.html 
  
  29日 役場担当者には対応の様子がない 
      直接、役場の林業課に電話した その日の午前中担当者が我家に来た

      *崩落して初めて詳しい説明を受けた

      崖は個人所有 流れた土砂の土地は不動産屋所有であるとのこと
      結論から言うと(そのため役場としては)手が出せないとのこと・・・・
      
      土砂崩落がまた起こっても、まず我家までは流れないとは思うが 
      崖の岩は転げ落ちれば惰性で我家までころがってくる可能性は十分考えられる 
      「これが一番心配である」

  30日 現状維持 午後から雨が降り始めた 地下水は相変わらず止まる気配なし
      崖の岩が徐々に大きく感じる 土が流れているのだ
     (いずれその岩は崩れ落ちるだろう・・・・・)

      しかし役場ではどうすることもできないとは・・・なんとも腑に落ちない
      危険にさらされながら生活しているのは事実だ

      こんな状況の中で 固定資産税や町に税金を納めるのは馬鹿らしい気がしてきた
      (これが今の素直な気持ちである)
      
      今しばらく 様子を見てみよう
      近いうちに地元の(町の)議員さんに相談してみよう


10月1日 現状維持 ここ数日の雨のため 土が流れ、崖には小石が目立ち始めた
      
   2日 現状維持 夜中にザザ~と軽く土砂が流れる音を聞いた

   3日 現状維持 明け方地震発生 1度目(午前6時30分)震度1
                   2度目(午前6時50分)震度2
      今のところ現場を見ると 地震の影響はないようだ「よかった」
    
      相変わらず 崩壊してから(崖から)地下水が流れている
      崖の大きな岩も徐々に増えてきた感じで小石も目立ち始めてきている
         
   4日 終日雨降り 土砂崩落左側部分に崩落を確認した

   5日 大きな岩が滑り落ちた!
      昨日の雨が原因か 崖に顔を出していた岩が5mほど滑り落ちた
      「危ないな・・・・・」


昨日4日までの現場

イメージ 1
      

今日5日の現場 岩が滑り落ちたのを確認しました

イメージ 2


イメージ 3


そのうち 崖右上にある大きな岩も滑り落ちるだろう
その後 役場も消防署も現場を見に来ない
相変わらず不安な生活が続く・・・・・


以前 役場に電話したが「民有地なので・・・」手が出せないと言われた

役場担当者曰く 県の「林課」に話してあるとのこと

私「県は いつ・どう対応してくれるのですか?」

役場担当者「予算がつけば・・・」



10月 6日 現状維持 昨日流れた岩もそのまま動かず
       本日 長野県庁ホームページにある「信州・フレッシュ目安箱」に投書した
       やはり 行政がこのまま放置するのは納得いかない
       町がだめなら県としてのご意向を聞いてみたい

       「期待はしていないが・・・ どんな対応をしてくれるのだろう」


10月14日 土砂の崩落はここ数日確認できない「落ち着いてきた よかった!」
       しかし 雨の影響で 徐々に土が流され 崖の表面は小石や岩が顔を出してきた
       最近は、その小石が転げ落ちて崖下に集まってきている

       そう言えば 長野県庁のホームページ「目安箱」に投書したが・・・・・
       まだ返事がありません
           

       長野県庁ホームページの「信州・フレッシュ目安箱」
       http://www.pref.nagano.jp/soumu/koho/meyasu/

   14日 県庁よりメールがありました!
        
内容は下記の通りです

長野県林務部長の****と申します。
「信州・フレッシュ目安箱」にお寄せいただいた、土砂崩落に関するご質問に
ついてお答えします。
当該地につきましては、長野県北信地方事務所林務課の担当職員が9 月24 日
に現地を調査しております。
現地は、角間川左岸の段丘崖で、9 月23 日の降雨によって、斜面の表層部分
が崩落し、下方の平坦な宅地造成地で崩落土砂が止まった状況です。
10 月5 日に発生した落石についても、周辺の住宅団地までは、沢を挟み20m
余の距離があり、現在の状況では、周囲の人家等へ被害が及ぶ可能性は低いも
のと判断しております。
こうしたことから、現在は、斜面の崩落状況の推移を見定めているところで
あり、崩壊がさらに拡大するなど状況に変化が生じ、周辺への影響が危惧され
る状況となった場合には、速やかに必要な対策を検討することとしています。
なお、山ノ内町及び北信地方事務所が現場の状況等を今後も観測いたします
が、今回の落石のように状況に変化が生じ、ご不安を感じる状況が生じました
ら、山ノ内町役場、又は北信地方事務所林務課へご連絡くださいますようお願
い申し上げます。現地調査を実施し、安全の確保に努めてまいります。
以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございました
ら、長野県林務部森林づくり推進課治山係****または、長野県北信地方事
務所林務課治山林道係***までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
平成22 年(2010 年)10 月14 日
山本 **様
長野県 林務部長 ****

ご丁寧な対応をしていただいた。

「なんとなく・・・・安心した」





              


続く・・・・・

 

第2回雪上キャンプは戸隠スキー場に決定!

第2回雪上キャンプIN戸隠スキー場開催 決定しました!!

開催日:2011年1月15日(土)~16日(日)1泊2日
場 所:長野県長野市 戸隠スキー場
宿泊先:高妻ロッジ http://www5.ocn.ne.jp/~maruiya/takatuma/takatsuma.html#no3
参加費:26000円 1泊3食 リフト2日券付 チェック代・参加費等
内 容:①測定器によるバランスチェック
    ②雪上チェック(ビフォ・アフターのビデオ撮影)

今回も ポール滑走はありません

広大な「戸隠スキー場」で思い切り滑りながら ブーツチェックしましょう!

そのため今回のキャンプは プルークボーゲンできる方なら参加OKです

詳細はハンドエスホームページの「イベント情報」に近々UPしておきますので興味のある方はご覧ください


「12月のキャンプに参加できない方は この戸隠キャンプに参加してください」


おいしい戸隠蕎麦を食べてパワーをいただき 最高のコンディションで滑りましょう!!

考えただけでもスキーが上手くなりそうですね



{戸隠スキー場の特徴}

・とにかく雪質がいい(志賀高原と変わらないほど)

・コースレイアウトも飽きがこないので 終日滑っても飽きがこない

・景色も最高 晴れれば感動するだろう

・若いスノーボーダーが少ないのもこのスキー場のひとつ

・基礎スキーヤーが多い

・土日はリフト待ちはあるが ゲレンデが広いのでストレスは感じないと思う


一度 行ってみてください

「はまりますよ」

こちらも応援よろしく!
https://snow.blogmura.com/

** では みんさん ご準備願います **


本日「第1回雪上キャンプIN志賀高原」定員に達しました!

「ありがとうございました」

崩落して「6日目」 崖に岩が目立ち始めたぞ

ブーツチューンで忙しい日々を送っています!!

第1回雪上キャンプ あと10名で締め切らせていただきます
「参加希望の方は お早目にお申し込みください」


崩落現場もその後、大きな崩れはなくなったようだ

「一安心」

しかし 毎日 崖から地下水は止まることなく流れている 今日で崩壊して6日目だ

現場は崩落したまま ずっとそのまま放置されている


昨晩は ずっと雨が降り続いていた

そのせいか 今日の朝 崖を見ると 岩肌が徐々に顔を出してきているのが気になった

もしあの岩が崖から落ちれば 間違いなく 我家まで転げ落ちてくる可能性大である・・・・・


「う~ん・・・・」

警察に通報するか迷っていると 午前9時30分過ぎ 消防隊員が2名現場を見に来た


「お~ ちょうどいい」

「すいません 崖に岩が・・・・・・」

詳細に説明した


消防隊員

「確認しました 現場に岩が落ちてきていますね 危ないです」

「これから 町役場に行って話してきます」



「よろしくお願いします」



今も雨が降り続いている

岩肌の土が流れ ますます岩の形が時間が経つにつれ大きくなってくるだろう


「だれか 早くなんらかの対処をしてくれ」

やや心配になる「やまさん」でした


もし 岩が落ちてきて 我家に損害が発生したら 誰が責任を負ってくれるのだろう??

まさか自己責任です なんてことはないと思いますが・・・・・・


こちらも応援よろしく!
https://snow.blogmura.com/


昨日5日目の崩落現場

土がだいぶ流れて 岩が顔を出し始めてきました

イメージ 1

山ノ内町3度目の崩落です・・・また警察に通報

山ノ内町 R292号(通称 オリンピック道路)チェーンベース下の崖が崩落しました

9月23日 早朝 1回目の崩落 小規模 表層の土が流れた 長さ20m×幅5mほど
      (消防署に通報)

  24日 深夜 2回目の崩落 大規模 えぐられたように土砂が崩れた
      (警察署に通報)

  25日 現状維持
 
  26日 早朝 3回目の崩落 小規模 幅が広がり始めてきた
      (警察署に通報)

  27日 現状維持

崩落現場はまだまだ地下水が流れている まだ動いているようだ・・・・

今回の件で 警察の方としゃべる機会が増えた

町民の味方であると感じた(当たり前のことであるが)


それにしても 現場を見に野次馬の方々が集まって来る

まだ動いているので 危ないと思うのだが

(何かがあっては遅いと思った)

26日の朝 現場で警察官にその旨伝えた 

するとすぐに役場に規制線を張ってもらうよう電話した(とのこと)


昨日は 休みのためか役場職員は現場には来なかったようだ

私有地のため 勝手に張れないのかもしれない・・・・・


そうそう

昨日の午後 崩落現場脇の土地を購入した30歳台のご夫婦が現場を見に来た

業者と神妙な面持ちで何か話しているようだ



9月初旬 ご夫婦で現地視察(そして売買契約成立したのだろう)

翌週 造成工事が始まる 

そしていよいよ基礎工事が始まる矢先に 崩落・・・・・・・


これが もし 新築が完成し住んでいたらどうだろう

新居に土砂が流れてくる 車も土砂に埋もれる

「ブルーになるだろうな きっと」


こんな危ない場所に住むなんて 地元の人間はだれも思わない

昔から住んでいる人は

「あの場所には 家が建たない危険区域なんだがな」と、言っていた

(聞くところによると 地主があの手この手で建設許可を得たようだ)


とにかく この地区で{災害で死亡}なんてことがないように皆で助け合っていかなくてはいけない

一部の利益のために、危険にさらされる人が出ないようにしたいものです


ちなみに
もっと(山ノ内町は)日当たりがよく 環境のよい土地があちらこちらにあります!!

温泉付き土地もありますよ

こちらも応援よろしく!
https://snow.blogmura.com/



{第1回雪上キャンプのご案内}
ハンドエスホームページトップの「イベント情報」ご覧ください



「げげ~!」また土砂崩落です。昨日よりすごい規模・・・・

昨日の土砂崩落から一晩過ぎました

今朝起きて カーテンを開けると

「げげ~!!またまた崩落だ」土砂が流れ 地下から水がどんどん流れている

我家まで流れる心配はなさそうだが

近々 新築が建つ土地に土砂は流れ込んだ・・・ 

「ほんとに家を建てるのか・・・・ 他人事ではあるが ほんと心配になる」


昨日の崩落現場(赤いコーンが見える)

イメージ 1


イメージ 6


今日の崩落現場(赤いコーンは土砂に埋もれた)

イメージ 2


このすぐ真上には国道292号(オリンピック道路)が走っている

地下水が流れ出し もし国道が陥没したら・・・・・

イメージ 7



あきらかに土砂の量の違いがわかります

崖からの放水量が徐々に増えてきた

「川のようだ!」

「危険だな・・・・」


昨日に引き続き またまた 午前6時50分 警察に通報


今 午前8時30分だが 警察 消防 町役場職員 道路パトロールの黄色い車 ほか

我家周辺の道路をにぎわしている


昨日とは違い ここまで被害が大きくなると 何らかの対応をせずにはいられないようだ


私は工房の中でお仕事です

物々しい雰囲気の中 お仕事です・・・・・仕事をしたいのですが・・・・・

ガヤガヤとしゃべり声 どたどたと歩く音 

仕事が なかなかはかどらない


「お!また 役場の車が1台到着したぞ」

「あ~ 仕事に集中できない・・・」



気の弱い やまさん でした



こちらも応援よろしく!
https://snow.blogmura.com/

イメージ 3


イメージ 4


我家までは40mほど離れているので安心です!
安心してお越しください

イメージ 5





END
 


 
ギャラリー
  • NEWホームページを開設しました!
  • blogを統合しました!
  • 本日、仕事納です!
  • 本日、仕事納です!
  • まもなくブログを統合いたします!
  • 年内で引っ越し完了!
  • 車での移動が一番安全かと・・・
  • 800超えました・・・
  • マウンテンスロープのブーツ!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
メンバーリスト
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ