ブーツチューンナップ工房「ハンドエス」のブログです!

志賀高原の麓にある、小さな小さなブーツチューンナップ工房「ハンドエス」オーナーのブログにようこそ! スキーブーツやスキー業界の知られざる情報をUPしていきますので、どうぞご期待くださいませ。

2012年03月

【おすすめアイテム入荷!】大事なブーツのお手入れはこれで決まり!!

みなさん 大変お待たせ致しました!



【NEW UVテック 12オンス】

イメージ 1




NEWボトルで日本上陸!


プラスチック、ゴム、ネオプレーン等の合成樹脂素材にはプラスティサイザーと呼ばれる可塑剤が含まれ

ています。この物質は紫外線や時間の経過によって少しずつ失われていきます。これが色あせや劣化の原

因になります。


【UVテックの特徴】

①表面の保護(ツルツルピカピカ)

②プラスティサイザーを内部まで浸透させ、素材を復元させる

③加水分解を防ぐ効果が期待できる


スキー靴の場合、ブーツを購入した年から塗りこむ事が大事です。

何もせず保管したりするとブーツ(プラスチック)が硬くなり、膝入れをすると「ギシギシ」ブーツが鳴

り出します


2年目・3年目以降のブーツにも もちろん効果を発揮しますのでご安心ください

ロアシェルとアッパーシェルの重なる部分にこのUVテックを吹きかけてください

そして、ウエス(布)で拭き取ります


すると ギシギシ音はすぐに解消します!



{ポイント}

古いブーツは、どんどんUVテックがブーツ内に浸透していきますのでブーツの表面がヌルヌルしなくな

ったら夏冬問わず塗りこんでください


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


「このUVテックを使って、大事なブーツをお手入れしましょう!」

価格も驚き!そして効果も驚き!! 

「一度 ぜひお試しくださいませ」


上 代:1890円(税込)

内容量:12オンス(355ml)

MADE IN USA


購入希望の方はこちらから ↓ ↓ ↓


送料等、商品代金についての詳細は、ご注文メールをいただいてから正式にご案内させていただきます


こちらもよろしく!
https://snow.blogmura.com/

来期の一押しアイテムは!「こちらです」

来期モデルの【おすすめブーツ編】に続いて、今回は一押しアイテムのご紹介です!


シダス フォーミングインナーブーツです


①シダス PUクラシックフレックス ¥46200(税込)*成形代は別途

イメージ 1


②シダス PUクラシック ¥46200(税込) *成形代は別途

イメージ 2




ところで

「フォーミングインナーブーツって何?」




「その人の足型通りに、完全オリジナル成形を可能としたインナーブーツです!」



ようは オーダーインソールと同様、その人の足型通りに成形しますので、その仕上がりは・・・・

「すごい!」の一言なのです



【具体的効果について】

①足のアタリ解消

②フィット感最高

③暖かく、足の感覚が敏感になる



お客様の声

*シダスのインナーブーツは55000円と高額であるが、使用年数が5年経ってもへたらないので、
長い目で見れば得したかも!レベルも上がった

*でこぼこの足なので(骨が出ている)既成のインナーブーツではアタリがひどくて履けない。このシダスにすると快適になり、痛みは出ない

*フォーミングインナーブーツは最高!けど二度と既成のインナーブーツは履けない・・・・




シダスはフランスのインソールメーカーとして有名ですね!

(ショップ向けに、ブーツ加工のためのツールも販売しています)


シダスも来期、いよいよ本格的に(今流行の)暖かいインソールの販売もします!

イメージ 3


バッテリーとインソールで24990円(税込)の設定とのこと

やや高いですね


私がおすすめするヒーティングシステムはもっと安い!

こちらもよろしく!
https://snow.blogmura.com/


では次回ご期待ください!

来期モデル【ガルモント】と【ダルベロ】変更は・・・

今回は来期モデルの【ガルモント】と【ダルベロ】を見てみましょう!


まず【ガルモント】です

イメージ 1



山スキー用のブーツとして有名なガルモントブーツ・・・・

軽量 暖かい 歩きやすい などの特徴がある

需要が少ないためか・・・ ブーツ代はやや高めです


そんなガルモントがアルペンスキー用のブーツを開発して、4~5年経ちました

来期モデルを見てみると、当時からの変更点は

*ブーツカラーのみ


実は私はこのブーツお気に入りなのです!

(ただし、その作りからG-150のみ)


イメージ 2


派手なオレンジカラーで、私好みです



インナーブーツの作りもノルディカドーベルマンWC同様、ガムフロータイプのしっかりとしたレース用

インナーブーツです(画像省略)


ただ・・・フレックスが硬いのです


フレックス150ですから、基礎スキーヤーにはきついですね

特に不正地やこぶ斜面は・・・

(だから売れないのでしょう)


社会人レーサーにもやはりこの150はきついようです


その下のG-130を見てみましょう

イメージ 3


ブーツソールを見ると、黒い部分(ソールガード)がビスで固定されいます

(そのため、ブーツは一体成形ではなく、ソール部は交換パーツが装着されています)



これでは・・・ 力がダイレクトに板に伝わらない・・・・・


結果、G-150ように一体成形でなくては、アスリートには物足りないでしょう

エッジの捉えが甘くなるでしょう

高速でのアイスバーンなどに弱いでしょう


山スキー用のブーツ

こちらはおすすめです!

「ほんと軽量です」

イメージ 4


各メーカー今後、このガルモントの山スキー用ブーツを真似たブーツ作りが多くなると思います



次に【ダルベロ】についてみてみましょう

イメージ 5


来期も現行どおり


ソールのゆがみはなかった まずまずの作りですね!

イメージ 6




ダルベロの一番の問題点は

シェルサイズと、インナーブーツのサイズがマッチしていない点だ



具体例を挙げて説明します


足サイズが23cmなのでブーツサイズ23cmを購入

しかし、インナーブーツが中で動いてしまう????

(信濃町にある某スキースクールの女性の話です)



私も頭を抱えてしまった

「そんなことは・・・ないでしょう」



女性

「ほんとです・・・ シェルサイズは今まで履いていたラングと同じです」


(インナーブーツを外し)


ブーツ内を測る・・・・

イメージ 7




インナーブーツの全長を測る・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イメージ 8




私「あれ?ほんとだ」

確かにインナーブーツは23cmのサイズですが、ブーツ内は通常より若干広めでした

私「これが原因だ!!」


インナーブーツが動かないようにいろいろ手を施した

最初は良かったが、使用しているうちに緩んできてしまうとのこと


結局

その子は、知り合いの方から同じダルベロのサイズ22cmを譲り受け、ご自分の23cmのインナーブ

ーツを入れて使っているそうです

(お気の毒です)


来期、ダルベロを候補にしている方は

この点をご注意してください

こちらもよろしく!
https://snow.blogmura.com/




(次回に続く)

来期モデル【ヘッドブーツ】ラインナップが充実しました!!

今日は、来期モデルの【ヘッドブーツ】を見てみましょう!

イメージ 1



「ヘッドブーツは来期も現行どおり!」


やはり完成度が高いブーツなので、継続となりました

(ワールドカップでもヘッドブーツは活躍しています!!!)



ラインナップは下記のとおり

【RACING&DEMOライン】

①ラプターB2RD ¥90000(税込)
フレックス:160・150・140(フレックスを変えることが可能)
サイズ:22.5cm~28.5cm
ラスト:95mm



②ラプターB3RD ¥90000(税込)
フレックス:140・130・120(フレックス調整可)
サイズ:22.5cm~28.5cm
ラスト:95mm

*このB3は、社会人レーサー・テク取得を目指す基礎スキーヤーにおすすめ
 


③ラプター130RS ¥76000(税込)
フレックス:140・130・120(フレックス調整可)
サイズ:22.0cm~28.0cm
ラスト:98mm

*ラスト98mmなので、アスリートで足幅の広い方にはおすすめ



④ラプター115RS ¥69000(税込)
フレックス:115・105(フレックス調整可)
サイズ:22.0cm~28.0cm
ラスト:98mm

*万人向けのハンドエスおすすめのブーツです!レベルアップしたい方はこれで決まりです!!
*バックルはトップ機種と違い、可動タイプでない




**NEWブーツ**

⑤ラプターB5RD ¥63000(税込)

イメージ 2


イメージ 3


背面ビスは1本
イメージ 4


フットボードはB2・B3と同じ(いい作りです!)
イメージ 5


フレックス:110・100(フレックス調整可)
サイズ:22.5cm~27.5cm
ラスト:95mm

*来期ラプターシリーズに追加されるモデルです
*足幅の狭い女性やシニアスキーヤーにおすすめ。もちろんジュニアブーツとしても最適である
*バックルはトップ機種と違い、可動タイプではない



⑥ラプター90 ¥53000(税込)
フレックス:90・80(フレックス調整可)
サイズ:22.0cm~27.0cm
ラスト:98mm

*ジュニアレーサーブーツに最適です。対象は小学校高学年用




ヘッドブーツを見ると

やはり来期も【ラプターシリーズ】がおすすめになります!


「いや~ 来期もいいですね」

ヘッドのブーツは(作りは)しっかりしていて、ソールの歪みや不良箇所がないのがうれしいです


加工する私にとって、特にソールのゆがみは致命傷なのです・・・・・・


こちらもよろしく!
https://snow.blogmura.com/





来期のフィッシャーブーツは!・・・・・

さて今回は来期の【フィッシャーブーツ】について、みてみましょう

イメージ 1



来期のフィッシャーブーツの大きな特徴は

世界初のフルフォーミングブーツ「VACUUM FIT」!

期待を膨らませ、担当者の説明を受けた


簡単に言いますと

①ブーツシェル(インナーブーツは抜きます)を80℃のオーブンに入れ、温めます

②温めたブーツにインナーブーツを入れ、足入れをします

③ブーツを履いた状態で、作業台の上に立ちます

④エアーを注入し、冷やしながら足型に作成します

イメージ 2



これにより

ブーツの痛みや痺れを解消するとのこと


(余談ですが、サロモンブーツでも似たようなブーツがありましたね)



対象になるブーツは、ブーツのアウトサイドに「VACCM」と書かれているブーツです

イメージ 3



RC4のレース用・エキスパートブーツから、フリースキーまでラインナップされている


確かに画期的なフィットシステムである!


が・・・ 


しかし・・・


問題点もある



「問題点とは?」


【問題点1】

成形後、足の痛みは解消するのはわかります。

快適なブーツに仕上がりましたが、(足の形状等により)ブーツ内で足の向きがどうなっているのかがわ

からないこと・・・・・


【問題点2】

成形の過程で、オーダーインソールが変形する恐れがあること


【問題点3】

フィッシャーブーツのソールは新品の状態でも歪んでいることがおおいので、熱をかけるとますます歪みが・・・心配されます




各メーカーの(通常の)ブーツでもアタリがあれば加工できますので、まったく問題ないので私としては

さほど「VACUUM FIT」に感動はありませんでした


けれどこのフィットシステムで、今後のブーツの加工方法を短時間でパーフェクトにできるような機械が

近い将来登場するのではないか、と予感させてくれました


こちらもよろしく!
https://snow.blogmura.com/








ギャラリー
  • 本日、仕事納です!
  • 本日、仕事納です!
  • まもなくブログを統合いたします!
  • 年内で引っ越し完了!
  • 車での移動が一番安全かと・・・
  • 800超えました・・・
  • マウンテンスロープのブーツ!
  • マウンテンスロープのブーツ!
  • マウンテンスロープのブーツ!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
メンバーリスト
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ