ブーツチューンナップ工房「ハンドエス」のブログです!

志賀高原の麓にある、小さな小さなブーツチューンナップ工房「ハンドエス」オーナーのブログにようこそ! スキーブーツやスキー業界の知られざる情報をUPしていきますので、どうぞご期待くださいませ。

2019年08月

明日から静岡出張!

山ノ内町、今朝は薄曇り。



気温は24度と、今日も過ごし易い陽気となりました!



でも、朝晩の冷え込みは相当強くて。



ここ数日、窓を閉めて寝るほど肌寒いです・・・




(お盆休暇も終わり)



ここにきて、山ノ内町は避暑を求める県外ナンバーの車も減りました。



また、いつも行く温泉施設も同様でして。



地元の小学校も、昨日が始業式との事。



これでマイペースな生活を取り戻すことができます。




「やっと平穏な日常生活を送ることができますよ~」




私も明日からお盆休暇です!



と言っても仕事で、明日から4日間の静岡出張に出掛けます。



毎年恒例の出張です。



初日は、浜松の知り合いのお宅にお世話になります。



スキー仲間が集まり、懇親会を開いています!



(そこで、足形を取ります)



で、2日目・3日目の宿泊は猪鼻湖にあるホテルに泊まり、リフレッシュ~~




ということで、8月25日(日)~28日(水)までの間。



ご予約の可否のご連絡、オンラインショッピングの受注メール返信など、



29日以降になりますので、ご了承くださいませ~



「皆様方には、毎度ご迷惑をお掛け致します・・・」




では、これから出張の準備をしますよ~~



皆様へのお土産として、今回、地元の桃「あかつき」を持参しますので!



どうぞ、ご期待くださいませ。



(あ、最後に)



9月のご予約はまだ若干空きがございますので、お早めにご予約をお願い致します。



「では、行って参ります!」



こちらもよろしく!




2019-20 テクニカ FB R90 ソール形状


「いい感じのカットです!」


DSC04961

人気ブーツは品薄に~

先週は、「ネットを見た!」という新規の方がお越しになりました。



東京都の女性「1級取得を目指しています!」



千葉県の男性「1級を取ったので、今度はテクニカルを目指します!」



石川県の女性「昔、1級を取りました。相当前なので今の1級を取りたい!」



ということで、みなさんのご要望が叶うブーツをお選び致しました。




で、メーカーの担当者に追加注文をしたところ・・・



黒いブーツのWC100は、2サイズを除いて在庫なし~ との事。



オレンジブーツも同様でして・・・



これからお越しいただいた方には、ロシ・LA・AT・HEより



お選びすることになりそうです。




あ、そうそう。



黒いブーツのGPシリーズはすべて在庫なし、との連絡が入りました。



以上、ご承知の程よろしく願います。





【ここでみなさんにブーツ選びのアドバイス!】



今回は、ブーツの硬さ(フレックス)について。



各メーカー、ブーツカタログをご覧いただくと・・・



「ラスト」と「フレックス」等々が明記されていますよね。



ラストは簡単に言うと、ロアシェルの幅のことです。



(これに関しては、また次回に詳しく!)




で、本題のフレックスの話ですが・・・



各メーカー統一された数値ではありません。


なので、フレックス数値だけ見てブーツの判断をしないこと。




「なんだ!フレックス100の柔らかいブーツを履いているのか、


 それではテクニカルは無理だね~」



このような会話を耳にすることがあります。



とかく、スキーが上手い人が言っているケースが多いかと・・・



ですが、実例を挙げますと。


A社:ブーツフレックス100

B社:ブーツフレックス115


数値上では、B社の方が硬いことはわかります。


ですが、実際に足入れをしてみると、


明らかにA社のブーツの方が硬いという事実です。



(結論から申しますと)



フレックスの数値はあくまでも参考程度!



フレックス100、110だから購入の対象ではないと決めつけてはいけません。



「まずは、いろいろなブーツに足入れをしてみる事が大事です。」





(話は変わりますが)



世間では、とかく硬いブーツを履きたがる人がいます。



スキーが上手い人は、硬いブーツを使用するものだと思っている人です。



そのような見識でブーツを選んでしまうと・・・



スキーのレベルアップはまず期待できず、逆に後退してしまいます。



慢心せず、脚力やレベルに合ったブーツ(フレックス)を選ぶべきです。



硬いブーツを使用するということは、イコール筋力を消耗するということ。



滑りはじめの2~3時間は問題ないのですが、



その後、徐々にシルエットに変化が・・・ 



次第に転倒するシーンが増えてきたり。



足首の可動が止まり、その結果!



見た目には後傾姿勢、または棒立ち姿勢となります。



不整地を滑れば、見事に弾き飛ばされてしまいます。



これでは、スキーは全く楽しくありません・・・




お心当たりある方は、一度ブーツのフレックスを変えてみてください。



滑りが著しく改善され、レベルアップにつながることもあります!



「そういう方を多く見ていますので!」




まずは信頼するショップの方に、ご自分の滑りの問題点や希望を伝えることが



大事かと。




滑りを即効変えるためには!


スキー板より、まずはブーツが大事であるという認識をお持ちくださいね~



こちらもよろしく!


DSC02135



ギャラリー
  • NEWホームページを開設しました!
  • blogを統合しました!
  • 本日、仕事納です!
  • 本日、仕事納です!
  • まもなくブログを統合いたします!
  • 年内で引っ越し完了!
  • 車での移動が一番安全かと・・・
  • 800超えました・・・
  • マウンテンスロープのブーツ!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
メンバーリスト
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ