ブーツチューンナップ工房「ハンドエス」のブログです!

志賀高原の麓にある、小さな小さなブーツチューンナップ工房「ハンドエス」オーナーのブログにようこそ! スキーブーツやスキー業界の知られざる情報をUPしていきますので、どうぞご期待くださいませ。

ブーツチューンナップ

レベルアップするブーツチューンとは?

いよいよ11月に突入しました!



ここ数日、志賀高原も路面凍結です。



なので、志賀草津道路は通行止めになる時間帯があるので要注意です。



でもこの寒さ、11月14日のスキー場(一部)オープンが楽しみです!



「大いに期待しましょう~」





さて、皆様から下記の問い合わせが多いので、少しご説明いたします。



ブーツチューンとは何をするの?



「はい!」



大まかに下記のことをするのがブーツチューンナップです。



痛み解消

 加工内容:足の痛み(アタリ)をシェル加工(熱・削り)


身体バランスの向上

 対処方法:インソールを成形し(又は既製品)ブーツ内にセット


フィット感UP

 対処方法:パッド処理、フォーミングインナーブーツ成形




大まかに上記3点を行うことにより、「快適なブーツ」をご提供することが、



ブーツチューンナップと呼ばれています。





で、各ショップ、上記の加工を達成するためにいろいろなPRをしています。



例えば、ブーツ加工ひとつ見ても・・・



①あるショップは、足形取りは最新の3Dで行っています!


②あるショップは、アクリル板に足をのせて実寸を写し取ります!


③あるショップは、インナーブーツにアタル箇所を印してその部位を加工します!



③は、ほとんどのショップが行っているオーソドックスな加工方法です。



①と②は、足のアタリを解消することはもちろん可能ですが、



一番のメリットは!



ブーツのセンターに対し、足の中心軸を適正な位置に加工できる点です。




例えばO脚・X脚など、ブーツ加工により膝の向きをある程度調整できます。



結果、スキー操作にプラスの効果が期待できる加工なのです。




ちなみに、ハンドエスではこの加工を「カスタムシェル加工」と呼んでいます。



で、このカスタムシェル加工がブーツチューンの基礎工事でして、



この加工無くして次のステップに進むことはできません。




(基礎工事がいい加減であれば)



いくら立派な柱を使い、見た目も立派な家ができたとしても。



基礎がしっかりしていなくては、軽度の地震でも崩壊するかと・・・





スキーブーツで例えるなら、カスタム加工=基礎工事です。



この基礎工事をせずに、ただインソールをブーツにセットしたケースでは。



【O脚男性の場合】


足の軸がブーツセンターよりアウトサイド寄りになる

  結果:①ターン後半、外足が流れる(シェーレン)
     ②インエッジが立ちづらい


膝を曲げると、やや外向きに動く

  結果:①エッジの捉えが遅い
     ②膝への負担が大きく、痛みなど発症



カスタム加工(足の軸調整加工)=(基礎工事)をチェックせずに


ただインソールを入れても(家を建てる)


インソールの効果が半減することは明らか・・・


結果、身体バランス(家の耐久性)にも悪影響を及ぼすことでしょう。





せっかく高いお金を出してブーツチューンしたのに


滑りに変化、スキーが上達しないのでは意味がないと思いませんか!






ところで、皆さんのブーツチューンの目的な何ですか。



①痛みがなければよい


②痛みがなく、さらに快適なブーツ


③お金をつぎ込んだ自己満足のブーツ


④スキーが上手くなるブーツ




ハンドエスでは、快適なブーツ作りはもちろんのことですが。



「速攻、滑りを変えるブーツチューン」を最優先に取り組んでいます!




滑りを変えるチューンは、ハンドエス独自のチューンでして。



次回は、ハンドエスのチューンだと「なぜ滑りが変わるのか?」



ハンドエス独自の「レベルアップチューン」について、ご説明させていただきます。



④のブーツチューンをお考えの方は、ぜひご覧くださいませ!



こちらもよろしく!





くれぐれも、また人のブログを見てチャチャ入れないでくださいね~



DSC06639

マイブーツを少しチューンナップ!

山ノ内町、今日も小春日和の朝を迎えました。



この辺りの景色は、地面より緑が芽生え始めまして・・・



まるで4月頃の景色を見ているよいうです。



ここから見える志賀高原も、白い山から茶色の山に変色しています・・・




さて、今日のご予約は午後に2名のみです。



なので、今日は朝からマイブーツのチューンナップに取り掛かりました!



まずは測定機に乗り、滑走スタンスに対してどのような状態かをチェックしました。



だめだ・・・ 



右外足の際、右骨盤が下がり、右踵への圧がかからず踏み込めません。



原因は、骨盤の歪みによる脚長差です。



まずは、骨盤補正パーツ5mmでテスト。



「う~~?  まだ甘いかも・・・」



もう3mmプラスしてみると。



「お~ これだ!」



踵に圧がかかり、しっかり立つことができました。



(この骨盤矯正なしでは、次のステップに進むことはできないのです)



第1ステップの「骨盤の歪み解消」が終了したので、次の作業に取り掛かります。



第2ステップは、カント調整作業。



まずは今年の滑走スタンス幅を確認。



今季は、いつもより少し(15~20mm)広めにしてみようかと。



測定機に乗り、水平器をみると・・・ 



プラスにしなさいとの指示が。



なので、ブーツのカント調整をプラスに調整。 



再度、測定器に乗り水平器を見ると・・・「ドンピシャ!」



第2ステップもなんなくクリア。



でも、まだしっくりきません。



膝の動きとブーツの動きにタイムラグを感じます。



これは、アッパーカフと脛との間の空間が原因なのです。



この問題を解決するには、専用のパーツがあるので問題なし~



で、左右ブーツの内側に専用パーツを装着しました。



(履いて動いてみると)



思うがままに、ブーツのインとアウトに体重を乗せることができました!



「よ~し、これで何とか思うがままに動くことができるぞ~」



ということで、第3ステップのカフ調整終了。



前後バランスチェックをしたいのだが、ひとりでは無理~



ですが、鏡を見ながら目視でチェックしました。



肩~骨盤~膝~ブーツの位置を見ると、ほぼ一直線上にあるので適正かと。



これなら前傾過多ではないので、良し~ としました。




あとは、スキーのエッジをより捉えやすくするための加工を!



ブーツにボトムアッププレートを取り付けました!



今回は5mmUPにしてみました。



(前回はトゥ側を6mm、ヒール側を5mmのプレートを付けました)




「これで、今季の相棒の完成です!」



DSC06358

DSC06359



ノルディカドーベルマンWC100です。



フレックス100となっていますが・・・



そんじょそこらの100とは違いますので!



「見くびらないで下さいよ~」


こちらもよろしく!




(カタログ上の数値はあてになりませんので、ご注意を!)




DSC06360


すごい実態をお聞きしました~

山ノ内町、朝晩はもう~ 秋です・・・



寝る際には、窓は閉めてやや厚手の布団をかけて寝ています。



今年の夏は短かったと感じている、今日この頃です。



(話は変わりますが)



8月から徐々にご予約が増えてきまして。



この時点で、成形したオーダーインソールもすでに6足たまってしまいました。



加工を開始したいのですが・・・・



まだブーツが入荷していないのが現状です。



でも、今週中に数足入荷するので、やっと加工が始まります!



ちなみに、ノルディカブーツとテクニカは、来週日本に入港するとの事です。



なので、来週からは本格的に加工に入ることができるかと。



今週末もすでに6名のご予約が入っています。



いよいよ仕事モードのスイッチをONにしますよ~~~




あ、そうそう。



先日、東北エリアの男性スキーヤーがお越しになりました。



レース(マスターズ)に参加したり、全日本技術選出場を目指しているそうです!



その方からお聞きした話です。



前回は東京の某チューンナップショップで、ブーツチューンをお願いしたとの事。



開店と同時に来店し、オーダーインソールの足形取りをしたそうです。



(その後、都内を散策)



で、その日の夕方お店に行くと、ブーツがすでに完成していたとの事で。



そのあと、ブーツを履いてチェック。



さらにブーツの底にプレートを装着して、「はい終了~」



そして相当*額なブーツチューン代を払い。



「当日、ブーツを持ち帰ることができた」と、お聞きしました。



私「え~ 1日でブーツが完成したのですか?」



まじで「驚いた!」の一言です。



実際のブーツを見ていないので、



コメントできないのが残念ですが・・・




【ハンドエスのケースと比較してみましょう!】


まずは、お客様にお越しいただきまして。


①お客様のご要望や滑りの問題点などをお聞きします 10分~30分程

②骨格チェック開始 10分~20分

③骨盤の歪みと身体バランスを整えます 30分~60分

④オーダーインソールの成形作業 15分~20分

⑤ブーツカスタム加工の為の足形取り 5分~10分


この時点で、一番時間がかかる人で2時間20分程。


慣れている人(常連さん)でも、60分の所要時間が必要です。


で、次に加工作業に入ります。


⑥オーダーインソールとその裏に貼るポスティング材を接着 

DSC05907


⑦ブーツ加工 初期段階:油圧ポンプ+ジグで熱処理

       第2段階:ブーツ内部の削り作業

⑧オーダーインソールの削り作業&仕上(グラインダーにて)

DSC05924


⑥の接着作業が終了したら、24時間以上放置(圧着)します。


⑦の初期段階でも24時間以上、固定したままの状態を維持。


⑧の作業は20~30分ほどで終了。


この時点まで、急いでも2日はかかります・・・


(で、ご本人に再度ご来店いただき)


⑨レベルアップ測定&チューン

⑩ブーツのお渡し



以上、ハンドエスではこのようなスケジュールで取り組んでいます。


ちなみに、⑨と⑩にかかる時間は、60分~90分です。


上記スケジュールはあくまでも1足のみ仕上げる場合の時間です。


2足同時に作業を開始する場合には、もっと時間がかかります。




なので、ハンドエスでは!


当日お渡しは絶対に「無理~」ですので、ご理解ください!




【お願い】


*ブーツをお持ち込みでブーツチューンをご依頼の方


 「2回足をお運びいただきます!」



1度目:オーダーインソールの足形取り、加工の為の足採寸


2度目:レベルアップチェック&チューン




*ブーツのご注文からブーツチューンまですべてご依頼の方


 「3度お越しいただきます!」



1度目:骨格チェックと最適なブーツのチョイス


2度目:オーダーインソールの足形取り、加工の為の足採寸


3度目:レベルアップチェック&チューン


(ご希望によりご来店2回で対応することも可能です)



「詳細はハンドエスHPをご覧下さいませ~」




では、ブーツをご注文された皆さん。



そろそろ足形取りのご予約をお願いします。



早くお越しいただければ、ブーツのお渡しも早くなります。



ブーツの履き慣らしに2~4週間ほどかかります。



またNEWブーツに足入れする際、大事なポイントがあります。



ブーツの履きならし方(履き方)です。



これにより、インナーブーツのフィット感に大きな差が出てしまいます。



「知らないと損をしてしまいますので、ご注意ください!」



ハンドエスでブーツを購入した方の中でご存じない方には伝授します。



「お越しの際に、お気軽にお聞きくださいませ~」






では、ご予約をお待ちしております!




こちらもよろしく!



足形取りのご案内!

山ノ内町、今日はどんよりとした曇り空です。



山形県、新潟県は、昨晩の地震の影響で相当な被害が出ているとの事。



「心よりお見舞い申し上げます。」




天災は、ほんと忘れたころにやってきます・・・



ちなみに、山ノ内町も震度3でしたが、なにも被害はありません。




(話は変わりまして)



ブーツをご予約いただいている方にご案内致します!



ご注文いただいたブーツは、8月末から9月中にかけて入荷致します。



まだ6月ですが、オーダーインソールの成形作業と、ブーツ加工の為の足形取りの



ご予約をお受け致します。



予約フォームより、ご希望の日時でご予約をお願い致します。



ここで一つお願いがあります。



足形取りは、足の状態の良い午前中に行います。



なので、予約時間は下記よりお選びくださいませ。



①午前8時~


②午前9時~


③午前10時~



また、当日の運転による骨格の歪みについては、ハンドエス到着後。



骨格矯正ボードに乗っていただき、歪みを解消してから足形を取るのでご心配なく!



できれば、8月~10月までにお越しください。



「早くお越しになられた方よりブーツをお作りします!」



ブーツチューン完了後、ご自宅にてブーツの履き慣らしをお願いします。



この時、ブーツの正しい履き方を伝授いたします。



この履き方をすれば、足の収まりがさらに高まりまして、ブーツと足とのフィット感が



良くなります。これで完璧なブーツの履き慣らしが可能となります!



次回お越しの際には、ぜひお気軽に「ブーツの正しい履き方を教えて」と、



お申し出ください。



ブーツの履き慣らしには、最低でも2週間ほどかかります。



(1日20~30分、足入れをして履き慣らした場合)



個人差もありますが、足幅の広い人や血流の悪い人については、



足の痺れが解消するまで30日かかる人もいます。



なので、11月入ってからお越しいただくと・・・



ブーツの加工に取り掛かりまして。



2週間ほどでブーツが完成!その後お渡し。



しばらく履き慣らしをしていただいて。



レベルアップチェック&チューンが終了するのは12月中旬になるかと。



「ま、できれば10月中にお越しいただくことをお勧めします!」




では、みなさん。



今年も早め早めの行動で、ウィンターシーズンを迎えましょう~~



こちらもよろしく!




石膏インソール、本日加工が完了し発送致しました!


静岡のYさん、大変長らくお待たせいたしました。



DSC05906

DSC05907


ブーツチューンナップの評価!

昨晩、今年ハンドエスにてブーツを購入し、ブーツチューンナップ(TYPE-3)された


滋賀県の男性基礎スキーヤーの方より下記のメールが届きました。



(ちなみに)


この滋賀のKさん、今年3月開催の「ブーツチョイスとレベルアップチェックキャン


プ」に初めてご参加いただき、そしてブーツのご注文をいただきました!



(先月、足形取りにお越しになり、9月末にブーツを発送致しました)



ハンドエス 山本様
 
出張お疲れ様です。
 
滋賀県の**です。
 
ブーツ送付ありがとうございます。
 
早速、足を入れ、慣らしてから、カービングローラーに乗りましたので、その結果を
レポートします。結論から言いますと大変満足しています。
 
       ①伊N社・ハンドエス  ②仏S社・**店  ③日R社・**店

A谷回り        ◎           〇          △
(スムーズ性) 
 
B不得手なターン    ◎           △          △
(外足への当たり)
 
Cパラレル維持     ◎           〇          ×
 

特にC項目は素晴らしく、山回りで各ブーツにはっきりとした差を感じました。良いポジションに乗れている。
 
教えて頂いたトレーニングと矯正ボードを続けて、良い状態でシーズンを迎えたいと思います。
 
これからもよろしくお願いします。
 


「Kさん、ブーツのコメントありがとうございました。」




でも、まだブーツは未完成でして。




大事なレベルアップチューンの作業が残っています。




さらなる仕上がりをご期待ください!




「今シーズン、全力でサポートさせていただきますので。」





最後に滋賀のKさんへ



「今季、資格取得目指し頑張ってください!」




こちらもよろしく!

ギャラリー
  • NEWホームページを開設しました!
  • blogを統合しました!
  • 本日、仕事納です!
  • 本日、仕事納です!
  • まもなくブログを統合いたします!
  • 年内で引っ越し完了!
  • 車での移動が一番安全かと・・・
  • 800超えました・・・
  • マウンテンスロープのブーツ!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
メンバーリスト
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ