ブーツチューンナップ工房「ハンドエス」のブログです!

志賀高原の麓にある、小さな小さなブーツチューンナップ工房「ハンドエス」オーナーのブログにようこそ! スキーブーツやスキー業界の知られざる情報をUPしていきますので、どうぞご期待くださいませ。

国内旅行編

長野県小諸市の有名画家!

先日、生まれて初めて行った小諸市にある「懐古園」の続きです!


その際に資料館や藤村記念館を見て回りました。



で、一番最後に行った美術館が「小山敬三美術館」でした。


あまり絵に興味がないので・・・


58年間、美術館や博物館に足を運んだことのない私ですが。



(あ、一度だけトーハクの長谷川等伯展を見に行ったことがありました!)



この小山さんは、小諸市出身の洋画家ということなので、どんな人か興味もありで。



「軽~く見て、帰ろう」と思って入りました。



ところが、何枚かの浅間山の絵を見て。



「どこかで見たような・・・  見ていてないような・・・」



いずれにしても、このデフォルメされた面白い絵に興味を持ちまして、ゆっくり鑑賞



してしまいました!



(そして帰る際に)



受付の女性に「浅間山の絵は、素晴らしいですね~」というと。



「コピー画(A4サイズ)を販売しているので是非お買い求めください!」とのこと。



恐る恐る金額を聞いたところ・・・



なんと300円とのこと!



「もちろん即決で購入しましたよ~」



「額付きで1200円もあります!」と、言われましたが額は購入せず。



(ちなみに私は、イオンで額を600円で購入)



家に帰り、さっそく額に入れて部屋に飾りました!


イメージ 1


(額より若干絵の方が大きいので、絵の縁をカットしました)


イメージ 2


え~と、この絵のタイトルは・・・


何だったかな??


(しばしネットで調べまして)



「浅間山黎明」でした!



冬の夜明けを描いたとありました。



じっと見ていると・・・



なにかパワーを少しだけいただけるので、買って正解かと!



こちらもよろしく!

そして、こちらもよろしく!



(次回もお楽しみに!)



長野県の名所「懐古園」

先日、生まれて初めて長野県小諸市にある「懐古園」に行ってきました。



懐古園と言えば、黒くて大きな「大手門」が有名かと思います。



また、日本100名城。


日本さくら名所100選、と書いてありました。



ちなみに、この大手門は入場料なしでご覧いただくことができます!


イメージ 1


まずは駐車場(500円)に車を停めまして、三の門料金所でチケット(500円)


を購入します。



(パンフレットを見ると)



懐古園はあまりにも広大でして・・・



動物園や遊園地もあるし、想定外の広さでした。



(なので)



「すいません~ 初めて来たのですが、どのように回れば良いのでしょうか?」と、


チケット売り場の女性にお聞きしました。



島崎藤村記念館や資料館、また小山敬三美術館もあるとのこと。



「見どころも多いので、大いに楽しみたいと思います~」



*駐車場

イメージ 2




*三の門料金所

イメージ 3




*三の門

イメージ 4




*小諸義塾記念館

イメージ 5


まずは小諸義塾記念館を見てきてください。その次は懐古館に行き・・・


(チケット売り場の女性の指示通りに回ります)



最初に小諸義塾記念館に行きまして、また三の門料金所まで戻り、その隣にある


「懐古館」を見ました。



(はっきり言って、この二つの資料館は退屈でした・・・)



で、いよいよ料金所を通過して、園内に入りました!




園内は一言で言うと、小諸城の各跡地が多く残っていました。



跡地の案内看板が目に飛び込んできます。


イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



お!なにやら赤いものが・・・


イメージ 9



とりあえず、お賽銭を上げてお参りをしました。



イメージ 10

イメージ 28



この先を左に進むと、「懐古神社」があります。



イメージ 30

イメージ 11



ここもしっかりお参りをして、社務所に行き御朱印をいただきました!



イメージ 12

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26


御朱印をいただいてから、富士見台を目指して歩きます。


「ほんと、広いな~」 の一言。


イメージ 13



この日は曇りの為、富士山を見ることはできず・・・



イメージ 14



次に、また展望台が!(水の手展望台)



イメージ 15



イメージ 16


ここまで来るのに、すでに60分程経過していました・・・



「もう~ 汗だくです。」




マップを見ると・・・



島崎藤村記念館があるので、向かいます。



(館内は涼しく、やや生き返りました!)


イメージ 29



イメージ 17


イメージ 27


館内に入るも、無学の私にはチンプンカンプンでした!



軽~く見て、退散。



なにやら、すごい橋があったので渡ってみることにしました。



イメージ 18


イメージ 19



イメージ 21



イメージ 20



この先には、酔月料金所がありました。



「小山敬三美術館」は、この料金所を出た先にあるとのこと。



美術館に全く縁のない私ですが、せっかくなので行ってみることにしました。



イメージ 22


イメージ 23


(アトリエもついでに見せていただきました!)



「浅間の山」の絵が気に入りまして、A4サイズの絵を購入してしまいました!



「またこれについては、後日UPします!」



そして、帰路は動物園を通り、三の門料金所に到着。



(動物園は、あまり見るものがなくやや残念でした・・・)


イメージ 31


駐車場に戻り、時間を確認すると・・・ 所要時間はジャスト2時間でした。



「まずまず楽しむことができまして、プチ満足しました!」



皆さんもぜひ行ってみてくださいね~~



犬も園内は散歩できるそうです!


こちらもよろしく!

春日温泉「望月荘」に行った話

山ノ内町、朝から冷たい雨が降っています・・・


工房内の気温も18度と、やや肌寒いです。



先週の金曜日の話ですが、


長野県佐久市にある、春日温泉「望月荘」に行って来ました!



私のお気に入りの温泉のひとつでして。


肌にまとわりつくヌルヌル感が半端なく、さらに飲泉可という泉質です。



宿泊者専用の浴場(岩風呂)は、ほんとリラックスすることができました。


平日にもかかわらず、宿泊客がほんと多かったですね~



(そして・・・ ゆっくり温泉に浸かった後のお楽しみ!)


いい温泉に入った後に飲む冷たいビールは「最高~~!」の一言です。




この春日温泉には、


望月荘のほかに「春日の森」があります。


(今年の4月に、初めて泊まりました)


望月荘に比べると、部屋や食事は良かったのですが。


もちろん宿泊代もお高いのですが。



泉質がいまいちでした・・・


ヌルヌル感は、多少感じることはできますが、飲泉は不可。


多分、望月荘のように源泉かけ流しでなく、循環式のため泉質がやや薄まっているの


ではないかと、自分なりに解釈しました。




今年初めて泊まった、栃木県さくら市の「ホテルさくら」も美人の湯として全国的に


有名とのことですが、ヌルヌル感は望月荘の方がはるかにすごいですから!



こちらもよろしく!

これでお値段12億円!

静岡での話。


先日、静岡県にある土肥温泉に宿泊しました。


海の見えるホテルということで、家族連れが多いこと多いこと・・・


部屋や温泉はさておいて、ここでの食事は朝夕ともほんと美味かった~~


しかも、目の前が海水浴場、ホテルラウンジでのコーヒーは飲み放題。


1泊2食税込+入湯税を入れても10000円でお釣りがきました。


「この明治館 ほんとリーズナブルでした!」


イメージ 1

イメージ 2


で、次の日。


このホテルから車ですぐのところに、「土肥金山」という名所があるので立ちよりま


した!!(入場券800円ほど?)


10分ほどかけて、金山の採掘現場内を歩きます。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


別途料金を支払うと、砂金採りの体験もできます。


(すでに団体さんが挑戦していました)


私も以前に佐渡に行った時に、佐渡金山で体験しているので今回はパスしました。



次に資料館に入ると・・・・


世界一の巨大金塊が展示されていました!!


お値段、なんと12億円とか。


「そのご利益を早速いただきたく、触りまくりました~~」


イメージ 3

イメージ 4


「これで金運アップ間違いないでしょう!」


記念のため、金色のお地蔵さんと金粉入りのお茶を買いました。



(最後に)


「これをご覧の皆様にも、ご利益がありますよう~に!」


こちらもよろしく!


放射能をたっぷり浴びてきました!

10月13日~14日 新潟県出張に行って来ました。


長岡市では、三条ラーメンをいただきました!

背脂入りのしょうゆベースの、極太麺のラーメンでした。

(多分)初めて食べましたが、「美味い~」の一言でした。


「長岡のY田さん、ごちになりました!」



(その日の宿は)

魚沼市にある「栃尾又温泉」

神風館 1泊2食7800円(+入湯税150円)


この栃尾又温泉は、あの放射能泉の「ラジウム温泉」です。

「秋田県の玉川温泉が有名ですね~」


そして、ここの売りは、源泉の温度がなんと・・・

「37度と 低い~~」


なので1~2時間ず~と、湯船に浸かっているのだとか。


(ネットで知って)

こんな入浴の仕方の温泉にぜひ行ってみたいと思い、宿泊先に選びました!!



午後3時宿に到着。

部屋に荷物を置いて、すぐに源泉のある「したの湯」に直行します。

イメージ 1

入り口を見て、やや意気消沈・・・

けれど82段の階段を下りていくうちに、なにやら良い雰囲気になっていくのです!

脱衣場で浴衣を脱いで、いざ入湯!


(戸をあけて、浴場に足を踏み入れると)


「お~貸切!誰もいないぞ~~」


そして

大小ふたつの湯船が目に入りました。


大きな湯船の温度は37度(~35度)

小さい湯船の温度は40度ほどあるかと思います


まずは、37度に挑戦!!

足を入れると、やや冷ややかな感じがしました。

10分ほど首まで浸かっていると、微妙に寒いです・・・


「おいおい、1時間も入っていられるかな・・・」


我慢すること30~40分過ぎる頃、身体が慣れてきたのか

寒さは感じなくなりました。


(1時間が経ち、次に小さな湯船に移動)


「お~ あったかい!」

そこに10分ほど浸かっていると、汗が出てきました。


そして1回目の入浴は終了、部屋に戻り冷たいビールをいただきました!!


(けど、あまり汗をかいていないのでビールは進まず・・・)



午後6時の夕食後、2度目の入浴

午後7時~8時までゆっくり浸かりました。


この間、誰も来ません。

「ほんと最高の気分を味わいました!」


夜のライトアップで、さらに趣のある温泉に変わりましたよ~~


ちなみに

今日13日は、「したの湯」は男性専用とのこと。

明日は女性専用の為入れないとのこと


なので明日は「うえの湯」に挑戦します!


こちらの施設は近代的です(画像正面)

イメージ 2

(今までの疲れたが出たのか、その日は午後9時消灯でした)


こちらもよろしく!


最後に

この下の湯・上の湯は、3軒の宿で管理しているとのこと。

だから3軒どこの宿に泊まっても温泉は同じと言うことです!

イメージ 3


上の湯から歩いてくるとこのような案内板があります。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

良いところ(温泉)を発見できました!

今度は2泊3日で予定を立てますよ~~


「行くなら夏がベストかも・・・」





ギャラリー
  • NEWホームページを開設しました!
  • blogを統合しました!
  • 本日、仕事納です!
  • 本日、仕事納です!
  • まもなくブログを統合いたします!
  • 年内で引っ越し完了!
  • 車での移動が一番安全かと・・・
  • 800超えました・・・
  • マウンテンスロープのブーツ!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
メンバーリスト
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ